オール電化・太陽光発電・ソーラーシステム・IHクッキングヒーター・エコキュート・床暖房・太陽光発電なら兵庫、神戸の太陽KANへ!

太陽.KAN

TEL:078-579-1181

シャープ太陽光発電システム特約店


ホーム太陽光発電オール電化エコキュートIHクッキング会社案内お問い合わせ

太陽.KANニュース!


九電ショック
2014年11月29日
超久しぶりの更新でいきなりですが、九州電力が再エネの申請回答を一時保留したいわゆる「九電ショック」の影響は大きいものがありますね。
お客様で「“あれ”があって(太陽光発電の導入に)後ろ向きになっている」と言われた方がおられました。
風評被害とも言えるものですが、実は、現状でも、送電線の増強や蓄電池の大量導入をしなくても、充分余力があるというのが本当のようです。
@揚水発電の有効利用:原発の余剰電力を貯めるのに建設され、2600万KWの容量があり、その利用率は原発事故以降減り続け、昨年で3%に過ぎないと云う。
A連携線の利用:これも、脆弱性が言われているが、実は利用率が低いらしい。原因は運用ルールにあるという。前日の夕方5時までに利用計画を通告する必要があるらしいが、天気予測を含む正確な需給コントロールにより、当日の電力融通を可能にすればよい。

何より、再エネによる電力を最優先に供給する思想が必要であろう。
クリックで拡大します
更新
2013年06月15日
いつ以来でしょうか?

昨年(2012年)の7月から始まった固定価格買取制度をうけて、かなりの産業用案件を施工しました。
第一号は工場の屋根に45.24KW、ソーラーフロンティアのパネルと安川電機のパワコンを使って、制度の施行前に着工し、7月に申請を始めて、9月初旬に稼動しました。
今年(2013年)3月には、自前の432KWの発電所も稼動させる事ができました。
経験のない高圧のシステムですが、順調に発電しております。沢山のパネルを安価で置くために、傾斜をつけずベタ置きしてみました。今のところ、その弊害は出ておりません。
5月の発電量57805KWh、242万円の売電収入がありました。
クリックで拡大します
クリックで拡大します
かなり久しぶりの更新です
2012年02月10日
この間、業界もかなりめまぐるしく変転しておりますね。
取扱メーカーも、シャープをメーンとして、サンヨー、三菱、ソーラーフロンティア、長州産業、東芝、パナソニック、スカイベースソーラー等等と、少し目まいがしそうですが、あまり手を広げてもこなしきれないので、5〜6メーカー位で止めておこうかと思っております。
3月から4月にかけて、45KW規模の産業用を、ソーラーフロンティアのパネルを使って予定しております。
7月の全量買取の開始に向けて、産業用の動きも活発になってくる事、必死の情勢ですね。
写真は、ソーラーフロンティアの9.9KWシステムを載せた集合住宅です。
クリックで拡大します
補正予算
2011年01月05日
明けましておめでとうございます。

今日から仕事始めで、まずは久しぶりの更新となります。
補助金ですが、12月24日で本予算の申請受付が終わり、間を空けずに、12月27日から、補正予算の受付が始まっております。
本予算分、最後に滑り込みで4件ほどの申請をしまして、1月は7件の施工を予定しています。
まずは順調な滑り出し。年間を通してこのくらいは行きたいと思っております。
写真は、堺市のN邸。
クリックで拡大します
クリックで拡大します
住宅用9.99KW
2010年10月14日
丹波市のお客様で、倉庫に9.99KWを載せられました。補助金をもらえるぎりぎりのところです。
実は、この倉庫の屋根、折板屋根なんですが、少し前までは設置不可と言われていたのですが、現在、シャープの施工マニュアルでは、屋根に穴を開け、下のH鋼、又はC鋼から支持を取る工法があるのですが、これですと、5KW程度しか載らないのです。
施主様と相談して、メーカーの10年保証は要らないからと言うことで、弊社のオリジナル架台で、折板屋根の傾斜(2°の水勾配)なりにベタ置きで9.99KWを置きました。
システムの10年保証は付きませんが、モジュールの出力保証10年と、パワコン等の1年保証は付いています。改めて、弊社を信用してくださったお客様の勇気に感謝です。結果、かなり割安に、目いっぱいのシステムを設置することができました。
クリックで拡大します
クリックで拡大します
クリックで拡大します
サンヨー
2010年08月16日
サンヨーのブランドがなくなるそうですが、弊社もサンヨーを扱えるようになり、その第一号、吹田のM邸、9.8KWの写真です。エコキュートも設置しました。
クリックで拡大します
クリックで拡大します
平成22年度
2010年04月03日
の住宅用太陽光発電の補助金も、今年度とほぼ同じスキームで行われると発表されました。
産業用も変わらず継続されるでしょうか?
その産業用で1月に竣工した三光断熱鰍フ写真です。
クリックで拡大します
クリックで拡大します
全量買取制度
2010年01月04日
先日の民主党の事業仕分けで、来年度の太陽光の補助金計上が見送られたのですが、全量買取に向けての制度設計が間に合わず、経過措置として約400億円が復活しました。とりあえず来年度も現在と同じスキームで続けられます。
やはり、全量買取に向けての課題をなかなか解決できないのではないでしょうか?
クリックで拡大します
産業用太陽光発電が採択されました。
2009年11月09日
三光断熱工業蒲lの新社屋に、新エネルギー等事業者支援対策事業の補助金交付決定の通知が来ました。10KWシステム、来年1月完工予定です。写真は建築中の社屋です。
クリックで拡大します
クリックで拡大します
姫路市の補助金
2009年08月25日
姫路市の補助金が始まっています。
3万円/KW 上限12万円で、国補助金の交付決定通知を受けてから2週間以内に書類を提出となっています。
写真は先日施工した姫路市内のものです。
クリックで拡大します
【管理者用メニュー】